銀行カードローンの審査とは

参照元:http://www.thegriffincanisius.com/
銀行カードローンは専業主婦でも利用することができるので人気の高いサービスです。
銀行本体に消費者金融と違い体力があるので、審査を緩くして無理に収益を上げる必要は有りません。
その分銀行カードローンは審査の基準は厳しいですが、その代わり金利を低く設定しているのでとてもありがたい存在です。
銀行カードローンの大きな特徴として、金利が低い事が挙げられます。
消費者金融の収益はお金を貸すことでしか上げる事が出来ませんが、銀行は法人への貸し付けや投資等の収益を上げる方法が多岐にわたりますので、個人への少額の貸し付けの枠を無理に広げる必要がないので、低金利で貸し付けをする事が出来ます。
貸し付けをする場合も貸し倒れる確率を低く抑えるために、基準を厳しくしても問題ない収益構造になっています。
最近はパートやアルバイトの方でもカードローンの利用が出来るようになりましたが、実際の融資限度枠はそんなに大きな額を設定していません。

やはりサラリーマンのように継続的に且つ安定して収入が見込めるわけではないので、返済の事を考えると同じ収入でもアルバイトやパートの方は融資限度枠は小さくなるのはいたしかたない部分です。
その代わり安定した職業の場合は、先ず間違いなく銀行カードローンの審査は先ず間違いなく通りますので、安心して申し込む事が出来ます。
銀行側としても確実に収益を上げるには、安定した職業の方に貸すほうが間違いが無いので、安定した収益を見込む事が出来ます。
銀行は一種の社会インフラといえる存在なので、危ない橋を渡るわけにはいきません。
収益の事を考えると、もっと基準を緩くしてもいいのですが、確実に会社を運営していく為には無理な貸し付けをする必要はないからです。

収益の柱が少ないと会社を運営する側としても問題が有りますが、銀行は多岐にわたり収益を生み出すように運営しているので、無理にカードローン契約の基準を緩くする必要が無いのです。
借りる側としては、安定して且つ継続して収入がある方にとっては、金利が低い銀行カードローンはいざという時にとても役に立つ有用な存在なので、一枚持っていても損は無いカードといえます。